« 京都伏見『ハーモニー』に来てくださった方、ありがとうございました! 次回5/22(日)も出展します。 | トップページ | 立ち方が大切(その3) »

2016年4月30日 (土)

立ち方が大切(その2)

『ととのえ屋』の整体師、三崎です。

(この記事は、旧ブログの2015-09-18の記事を再掲しています)

歳を重ね人生を終えるまで2本の足で立っていようと思うなら。
今、綺麗な立ち姿でありたいと願うなら。

爪先を内に向けることにより膝、太ももが内に向き骨盤を内に締めます。そのために腹筋と脊柱起立筋、広背筋にいい具合の緊張が入ることで背筋が伸びます。
なので姿勢、猫背は改善します。

→前回の「立ち方が大切」は、こちら


①爪先を内に向ける


左右の親指を合わせて踵の間にテニスボールが入る位開けます。
そうすると小指側のラインがイコール(=)になる状態で立つことになります。

T

その足の形で立つと足の裏の拇指球(親指のつけ根のしっかりとした丸い骨)で立つ状態になります。

拇指球で立つ状態とは拇指球が地面、床にしっかりと当たっている状態になります。
拇指球が地面、床にしっかり当たっていると安定感が増し、動く時に機能的に効率良く体重移動することが出来ます。

そして爪先を内に向けると膝、太もももが連動して内に向くため骨盤が締まります。

骨盤が開いていると腹筋が脱力気味になるため腸が下がりお腹がポヨヨン♫と出ます。
お腹が出ると上半身のバランスを取るために背中が丸くなり猫背になるなど姿勢がよろしくない状態になります。


骨盤が締まると腹筋と脊柱起立筋、広背筋に具合の良い緊張が入ります。
具合の良い緊張が入るとお腹が出ず、背骨がきれいなS字を描きます。
きれいなS字を描くから立ち姿はきれいになるんです。


姿勢を良くするには、猫背を治すには努力が必要!と思われているかもしれませんが、爪先を内に向ける、そのことだけで姿勢は劇的に改善するんです。

(つづく)

---

clover 5月22日(日)に京都のイベント『ハーモニー』に出展します。
事前予約を受付しています。入場料は無料ですので、お気軽に遊びに来てください。

イベントの詳細・ご予約はこちらから

==========

new 出張施術会情報<5月20日(金)@滋賀>

『ととのえ屋』ゆらぎエナジー整体 施術会の詳細・お申込みへ

==========

bell 「ととのえ屋」は以下のアドバイスも行っています。お気軽にご相談ください。

肩凝り・腰痛予防、ストレッチ、綺麗にやせる立ち方・歩き方、不妊症の改善、介護に携わっている方の身体に負担の掛からない身体の使い方、スポーツ全般(特にバスケットボール、野球)の身体の使い方、スポーツで故障を作らないためのトレーニング方法 など

「ととのえ屋」のお問い合わせ・ご予約フォーム

==========

mailto お問い合わせやご予約はメールでもどうぞ

送信先は totonoeya_m※yahoo.co.jp

お名前・日中連絡の取れる電話番号・ご用件を書いてご送信ください。
(※は、半角@に変えて送信お願いします)

« 京都伏見『ハーモニー』に来てくださった方、ありがとうございました! 次回5/22(日)も出展します。 | トップページ | 立ち方が大切(その3) »

心と体」カテゴリの記事

整体施術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都伏見『ハーモニー』に来てくださった方、ありがとうございました! 次回5/22(日)も出展します。 | トップページ | 立ち方が大切(その3) »

最近のコメント

フォト
無料ブログはココログ